VIX大好きが仮想通貨を攻略するブログ

相場師 VIX大好き です。2017年から仮想通貨に手を出し、現在はNANJのアクティビストとして価値向上に努めています。 Twitter @vixgod

カテゴリ: 2018年1月

こんばんは、VIX大好きです。

ほぼ毎日ノートレのまま、両建て損膨らませ法でコインチェックから資金撤退を試みています。タイトルの「今回の底値とコインチェック」ですが、コインチェックもしくは金融庁から小出しに出てくる情報に価格が一喜一憂することになるでしょう。出金開始、BTC以外の売買再開などが出たら一気に上がると考えております。もちろん逆のパターンもあり、倒産、破綻などのネガティブな報道が出たら、一気に売り込まれることが想定されます。

何度も書いておりますが仮想通過は価格の裏付けとなる数値がなく、投機的な需給で動いています。最近はテクニカル指標とワークするようになっておりますが、配当や資産がある株、本当に需要と供給がある為替と比べるまでもありません。つまり上げ始めたらよく上がり、下げ始めたらよく下がるということです。中途半端なエントリーは逆に動いたときに致命傷になりかねますので、どちらに振れてもおかしくない状態を鑑みて含み損を抱えたらこまめに撤退をするのが良いかもしれません。

本日の値動きを見ると、BTCは100万を割れ80万まで落ちたところが底となり自律反発の買いを集めリバウンドとなりました。これがデッドキャットバウンスになるか、本格反騰になるかは今後の材料次第でしょう。公式の発表を待ちたいと思います。

コインチェック社の1/30公式発表によると、出金については数日中に見通しを発表する予定になっております。コインチェックは今何をしているのでしょうか?

金融庁の指導の下、客と会社の資産把握を進めてるのは当然のことですが、会社保有の仮想通貨を売っているのではないか?と思っています。いくらコインチェックが儲かっているとしても、現金でポンと400億は用意できなかった。客の預り金ではなく、自社の資産(各種仮想通貨)では払えるが、そのためには保有の仮想通貨を換金しなければなりません。自社はBTC以外の取引を止めてしまった。海外は外貨で出金できるところはほとんどない。bitFlyerのアルトコインも販売所で激広スプレッド・・・そうすると、仮想通貨を売って現金確保を考えると、それなりに出来高のあるところでBTCを売るしかありません。コインチェックがBTCの取引を残しているのは、自己資産の売却市場と位置付けているからだと思います。当然bitFlyerの現物市場でも売っているかもしれません。

100億確保するのに1BTCが100万円だとすると1万枚、200億確保なら2万枚BTCを売却する必要があります。ここ数日の価格の下落で更に多くの枚数を売る必要が出てきました。ですが、ネム補償金を確保するためにはとにかく目標額に達成するまで売り続けなければなりません。現状海外のBTC価格は日本の価格より5%上回っております。少し前までは日本のほうが10%ほど高値を推移してました。日本市場で実需の売りが断続的に発生しているとみています。その正体がコインチェック社の売りではないのかと。

そこで最初に戻りますが、コインチェック社が出金について見通しを発表する=ネム補償金を確保できた=もう売る必要がない=反転のタイミング と考えます。

こんな仮説はいかがでしょうか。

こんばんは、VIX大好きです。毎日いろんなことが起きますね。

コインチェックに関しては今日も出金はお預け。賠償については何も出てきませんでした。お金返して。

さて、我らが切り込み隊長が久しぶりに本気を出してコインチェック問題に切り込んでくれています。ライブドア事件以来久々のような気がしますが、古参ネットユーザーの一人として、毎回記事の更新を楽しみに待っております。

コインチェック社「持ってないコインを消費者に売る」商法と顛末

記事を読んで思った論点は
・持っていないコインを売ることはどうなのか
・客の注文をぶつけるノミ行為はどうなのか
・アルトコインの手数料が高いのはどうなのか
・若社長の権限
この辺なのかなと思います。

持っていないコインを売ることについては、ハードフォークした瞬間に売買できる取引所もありますので、まあやってるところはやってるのだろうなと。それを集客の切り札にしているし。ただ字面としてバンッ!と記事になるとインパクトは大きいですね。なんだそれは!そんなことが許されるのか!?と騒ぐ素人さんが多そうです。

次に、客の注文をぶつけるノミ行為についてですが、為替ではマリー取引といい、客同士の注文をぶつけるのは普通にあります。取引業者からすればマーケットに流さずとも、100円買いの客と100円売りの客の注文をぶつけて解消するだけで、内々で処理してスプレッドだけ利益を得ることができ、客も別に困りません。普通の取引です。さらに言うと、下手くそなお客さんを見つけた場合、取引所側でヘッジせずとも勝手にお金を溶かして勝手に退場してくれるので、ほったらかしにしてるだけで入金=利益になったりします。そりゃ口座開設アフィリエイトに高額の報酬出るはずですよね。ただし、下手糞なお客さん=利益とするならば、上手な、勝つお客さんは会社にとって損失になるわけです。というわけでFX時代もそうでしたが短期取引で利益を出すスキャルパーは結構な割合で口座停止を食らってました。勝つお客は客じゃないということでしょうね。色々理屈をこねられてカジノから出禁を言い渡されるようなもんです。

話を戻しますが、マリー取引と、アルトコイン販売所がセットになると、切り込み隊長が言う通り取引所にとって莫大な利益を生み出す源泉となります。今でもアルトコイン販売所でコインを買うと一回取引往復で8%とか取られるんですよ。社会問題化した商品先物取引業者も真っ青なスプレッドです。年末から初めて相場を始めた出川組、DMMで始めたローラ組などは自分たちがとんでもない目に合っていることに気づいてません。手数料高いですねと。いやそれ手数料じゃなくてスプレッドが広いだけだから。

100%取引所取引の株式投資経験者、極狭スプレッド競争が進んでいるFX経験者からするとこんなにスプレッドが開いてるのは信じられません。自分もアルトコインは売買しますが、国内の広スプレッド業者では一度も取引したことはありません。1億の注文で800万もスプレッドに払うのは馬鹿げてます。

ですので、仮想通貨業界以外の所からこの状態を是正して欲しいと思い待っていたのですが、GMOのZ.coinもDMM-Bitcoinも客が互いの注文をやりとりする取引所ではありませんでした。Z.coinに至っては相場急騰時に在庫が切れて売買停止をやらかしてました。無い物は売れないと、正直でよろしい。

現在様々な業界の企業がこの仮想通貨売買プラットフォームに参加すべく準備をしていると思います。是非とも販売所形式ではなく、取引所形式にてご参加いただけますようお願いします。

最後に若社長の権限ですが、当然VCの発言力は強いでしょうな。手取り足取り経営支援してくれて客も引っ張ってきて、上場までの道筋までも描いてくれていたんでしょう。それがVCの仕事ですから。

私たちがBinanceで草コインをパラパラ小銭で分散投資するのと同様に、VCは面白そうなベンチャーに分散投資します。当然回収するには上場して高値がついてくれないと困りますので経営指南するわけです。会社は誰の物か。従業員のもの?神様であるお客様の物?いやいやオーナーである株主の物です。しかし欧米型のこの考えも客に見放されたら終わりです。業界の発展と理想の実現のために、損得だけでなく善悪も考えて客が使いたくなるような取引所経営をしていただきたいと思います。それが信用回復につながると思いますよ。





こんばんは、VIX大好きです。

昨日、短期売買から引退を表明しましたが、お金はまだ口座の中でした。
3億円は逃げ切ることができるでしょうか。

実はもう正直半分諦めておりまして、話のネタにもなるし、また相場に関わる伝説が一つ増えたな程度に考えていると平静を装っていますが、本音はなんとしてでも救い出したいです。誰か助けて。

これから考えられることと、出来る対策を考えてみました。あくまで自分の頭の中だけの話なので真似して損しても知りません。自己責任でお願いします。

まず現状円の出金と、全ての通貨の出金と、BTCを除く取引が停止しております。
この先どうなるかを考えると、

1.本当に盗られていてXEMがロールバックして全てなかったことに。
2.盗られてたのは何かの間違いで投資家に損はありません。
3.会見発表で盗られてました。CCトークン発行して損失補てんします。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
ここまでがセーフエリア

ここからがアウトエリア
-----------------------------------------------------------------------------------------------
4.会見発表で盗られてました。倒産します。

が考えられます。この後の会見でどうなることやら。

土日なのでお金の入出金は出来ません。通貨の出し入れも出来ません。
こりゃあもう完全に詰んだかなと思いましたが、よーく考えてみると抜け道が。

上でも下でも明確なトレンドが発生した際に、コインチェックで損を作り、他所で益を作る。
十分な損と益が出たところでポジションをクローズ。コインチェックの金が減り、他所が増える。

よくわからないと思うので仮例を上げます。

現在が120万円だとして暴落が始まったとします。
そしたらコインチェックで100枚買いを入れて、例えばBitFlyerFXで100枚売りをいれる。
その後100万まで落ちた所で手仕舞えば、コインチェックが-2000万、FXが+2000万で入出金無しでお金が移りました。これで少しずつコインチェックの金を他所に移動することが出来ます。

もし逆にコインチェックがあがっていくとすれば、恐らくそれは入出金機能が復活するときだと思いますので、入出金ができることを確認してポジションを閉じてコインチェックから出金すればよいです。

これでなんとかなるのかな!?

現在両建て350枚。500枚まで立てて60万動いたら3億移動できる!むりぽい




こんにちは、VIX大好きです。

突然ですが、私VIX大好きは1月25日をもって仮想通貨の短期売買を引退します。
理由はいろいろあるのですが簡単にまとめると、

・1月に入ってからあまり勝てなくなった。(トレードチャンスも減った)
・下げ相場になった。
・先が見えない。

この辺でしょうか。自分の時間と資金という最大のコストを投入しているにもかかわらず、得られる対価が減ってきたことが主な要因です。相場を16年もやってると、ああこの相場はあの時のアレに似てるなあという経験則が身についてくるため、少しのミスくらいならKKD(勘、経験、度胸)で何とかなってましたが、損益以上に仮想通貨市場の先が見えないことに強い不安を感じています。

去年は特に機関投資家もあまり参入せず、個人投資家を主体とした牧歌的な市場であり、更に仮想通貨の総時価総額が毎日高値更新するという成長局面にありました。そこから規制の話が出てきて、行き過ぎた価格の調整も相まって年末組がやられてしまっているという状況が今の今ではないでしょうか。

現在問題とされている仮想通貨取引に対する規制については、G20を主体とした世界規模の規制の話が何度もぶり返されるでしょう。その際に乱高下だけしてトレンドがない市場でかつ、投資家が少しずつ減っている市場で勝てる気がしないのが本音なところです。

言わずもがな自分は投資家ではなく投機家であり、人が儲かった儲かったと言っているときにその10倍儲けを出し、人が損したというときにはもう市場から手を引いていなければならないと思っています。これが人の欲が入り乱れる相場の世界で長く生き残る術だと信じているため、今回はここで一旦手を引かせて頂きます。

引退の気分になったのは久しぶりでしてリーマンショック以来10年ぶり二度目。リーマンショック時は、サブプライム問題が露呈する半年前、2008年の3月に米国の証券会社ベアスターンズが破綻し、理由もなく全ての株が下がり始めました。サブプライムローン?そんなの日本は関係ないだろと、自分も周りの投資家もまた上がることを期待し、押し目買いしたり、空売りで利益を出そうと頑張ったのですが、その後半年で40%の資産がなくなりました。ダメになる前にスパッとやめるのは非常につらいのですが、このまま続けていくと前回と同じになりそうな予感がします。

不動産でゴールドクレストという会社があります。リーマンショックの1,2年前に新規の不動産取得をやめたそうです。周りのデベロッパーはイケイケドンドンで銀行から融資を引っ張り高値で土地を買い、上物を立て、成金投資家にはめ込んでました。老舗のゴールドクレストはビビりだ。と業界でも言われていたそうです。

その後リーマンショックが来て、当時マザーズに上場していた不動産デベの大半は破綻していなくなりました。ダヴィンチHD、アセットマネージャーズ、リサパートナーズ、クリード・・・。兵どもが夢の跡です。ゴールドクレスト社長がなぜリーマンショック前に逃げ切ることが出来たのかどこかで記事を読んで感心したのですが見つかりませんでした。残念。
投資家の巨額資金に溺れたダヴィンチ上場廃止の“落日”


20180125_時価総額

それと毎日時価総額を見てきたのですが、底を打ったように思えません。しかしながら暴落が確定するようなネタもありません。結局のところ需給なのですが、出川組が損をして、ローラ組が参入して、その後で誰が仮想通貨を買いに来るのかまったくわかりません。市場が拡大する場面では新規参入組が価格を押し上げる役目を担います。押し目待ちに押し目無しの状況で高い所を新しい人が買ってくれるからこそ価格は上がります。これから先は誰が買うのでしょうか?

上がるか下がるかわからない。この後の新規参入者が誰かわからないというのも臆病になる材料の一つでした。今後の出来高について月次取引高の推移を見守りたいと思っています。


さて、ここからは今まで仮想通貨をやっていたうえで、いくつかのセクターについて言いたいことを勝手に言います。気分を悪くされたらごめんなさいね。

【クラウドマイニング】
大体BTCとBCHのマイニングに合計6000万位突っ込んでますが回収はギリギリとみています。原因は難易度の急上昇。過去2年では2週に一回5.6%の上昇が平均でした。それがこのところ10%以上上昇しています。どういうことか。

クラウドマイニングを提供している業者のサイトでは、今日お金を払えば、明日この位の量が掘れてあなたの収入になります。と提示されています。しかしながら、これは契約期間内ずっと貰える量ではなありません。BTCでは2週に1回の難易度調整を行われ、マイニング参加者が増え続けている2018年現在では2週に1回10~20%貰える量が減り続けています。しかも業者は需要があるからと次々に値上げを敢行しとても採算に合わないものとなっています。それでも通貨自体の値段が上がれば元は取れるのですが、それを見込んでクラウドマイニングに投資するなら直接通貨を買った方が良い気がします。

【格付け】
適当な会社が適当な格付けをすることが増えてくると思います。S&P、ムーディーズ、フィッチが出すならともかく無名なところが出してきて相場が左右されるなんて本当にナンセンス。市場の小ささと情報の少なさが露呈しました。

【ほんとにやめちゃうの?】
ここまで言っときながらですが、仮想通貨の取引から全く手を引く事はありません。リスクの高い短期売買を一日の中で時間をかけて取引することをやめようと思っています。あと一回も成功していない長期投資も。

じゃあ何をやるかと言えば、ハードフォークやレンディング、あとはアービトラージといった、リスクの少ない所を、自分の時間を取られずに半自動で回していきたいと思います。

【結びに】
又、仮想通貨市場が盛り上がり、ビットコインが200万を超え、リップルが400円を超え、ビットコインキャッシュがビットコインの時価総額を超え、イーサリアムを利用したICOが世界中で広がり、世界中の取引で仮想通貨が使われるようになることを願っています。市場参加者のみんなが儲かる地合いになったころ、再び自分も投機家として短期売買に挑もうと思います。

16年相場をやっててこの一年間は最もエキサイティングな一年でした。仮想通貨の未来に賭け、今後も市場に残る熱い仲間たちのご成功とご健勝を祈念し、一旦の引退の挨拶とさせて頂きます。今までありがとうございました。





20180118_暴落


こんにちは、VIX大好きです。数ヶ月に一度の大調整となりました。BTCアルトも何もかも大きく下げています。

さてこのような相場の崩壊局面において、どのようなトレードをすべきなのかを考えたいと思います。もし自身の手法が短期逆張り派であるなら、嬉々としてトレードをする局面でしょう。また、長期順張り派の方も絶好の仕込み時だと思います。

そして自分も含め短期順張り派はどうかというと、中々トレードが難しい局面であります。理由として暴落している最中の底は読みづらく、又下方硬直性があるため、単純に新安値を空売りして儲かるわけではない事、更に暴落時はその後急激な反発が発生するため呑気に売りをホールドしていると強烈に踏みあげられる事、などが考えられます。

安値更新で売り!全然下がらない。損切りドテン買い!又安値更新損切り!空売り!又下がらない!なんだこれむしゃくしゃ!!!とドテンを繰り返してメンタルがぼろぼろになることが容易に想像できます。上げの暴騰局面の上がり方と、下げの暴落局面の下げ方は全く違うため、同一に考えてトレードをすると大負けします。

上記の理由から短期順張り派の自分としては、とにかくこの暴落で1円も損をしない事を心掛け立ち向かいました。ポジションを持つとメンタルが揺れ動くため基本はノーポジ。そして売りは踏まれる可能性が高いため売らない。ジリ下げからドカンと上に戻すところだけをひたすら狙う事にしました。

結論から話すと朝の4時頃に寝てしまったため、その後の一番おいしい上げは取れませんでしたが、ちょこちょこと細かく売買したものはプラスでしたので、この相場でお金を減らさないという第一目標は達成できて満足しています。

誰もが儲かる相場の時に人の何倍も儲けて、みんなが負ける相場の時はやらない。これが生き残る秘訣だと思っています。


↑このページのトップヘ