こんにちは、NANJ Activist VIXです。

先日CoinEXCHANGEに上場を果たしたNANJですが、もっともっとNANJの事を知りたいと思い、NANJの運営をしているやーぼさんに会ってきました。

月末のサプライズを前に、言えること言えない事があるとのことでしたが、言える範囲内でインタビューを受けて頂きましたのでご報告します。以下は一問一答です。


◎現在の運営チームについて詳しく教えてください。
IMG_4343



私がやーぼです。基本的に営業や、対外的な対応をするが私の仕事になります。現在各方面から様々お話を受けており、東京大阪を含め各地を飛び回ってます。

◎NANJにおけるイッチさんの役割はどんなものですか?
イッチさんはNANJの象徴です。

◎ハゲ先生は?
ハゲ先生は番頭です。いろいろ相談に乗ってもらってます。

◎ツチノコさんとダンナさんは?
2人ともエンジニアです。内外の開発者をまとめる立場です。

◎開発は2人だけですか?
2人ではなく国内外のチームで開発をしています。実績のあるプログラマーが参加しているので開発力はご安心下さい。

◎ロゴの者さんは?
デザイナーです。ロゴ作成や公式サイトを作ってくれたのがロゴの者さんになります。

◎Zさんは?
海外コミュニティとの折衝を担当してくれています。上記の7人がコアな運営チームです。

◎運営のコアメンバーについてはよくわかりました。NANJの長期的展望を教えてください。
やはり国内取引所への上場ですね。国内上場しないと、日本のスポーツ振興に役立てないと考えております。これは越えなければいけないハードルですね。

◎国内上場するための条件とは?
NANJとしての実績を作ること。実績とは日本にとって役に立つ実績であること。当初の目的通り、NANJは野球を含めスポーツに関連する応援支援をするのがコンセプトですので、それを行うための仕組みづくりが必要になります。

◎スポーツに関する応援支援のための仕組みづくりとは?
話せないことが多くて恐縮ですが、一つあげると様々な場面においてNANJ払いができるよう調整を進めております。

◎もう少し細かいロードマップは出せないの?
今後検討します。

◎バイナンスへの上場は目指していますか?
直近のニュースをご参照ください。

◎月末サプライズを前に、今話せることはありますか。
月末発表と直接関係はありませんが、少しだけ今後の展開をお話しますと、NANJのサポーター制度を考えています。NANJの価値向上、普及啓蒙活動、規格の立案など各方面でご協力いただける方にNANJ名刺を渡し、公式サポーターになってもらいたいと思っています。NANJ普及のために自ら動きたいという申し出を多く受けているため、早急に制度を整備したいと思っています。当然報酬も考えています。国産コインを一から育てるという体験を、皆さんと一緒に進めたいですね。

◎今日3satまで下落しましたが…。
まだ生まれたばかりのNANJですので長い目で見て欲しいです。運営一同、谷、深ければ山高しだと信じています。NANJの価値向上を目指して頑張ります。



~インタビューを終えて~
やーぼさん、お忙しい中、突然のインタビューを受け入れてくれてありがとうございました。NANJホルダーとして、またNANJアクティビストとしてインタビューをさせてもらいました。

2時間に及ぶインタビューでしたが、話した印象は、運営はNANJの将来について、どこを目指しているのか、たどり着くためのプロセスをどうなっているのか把握しており、一つ一つの課題をこなしている印象を受けました。NANJは誕生したばかりであり適正価格が定まっていない状況でありますが、環境が整い注目される存在になることを期待したいと思います。

ただし、当然ロードマップ上の達成地点に辿り着くためには、時間、労力、市場環境、運、様々なものが必要になります。インタビューの中にでましたが、サポーター制度が出来るという事で、コミュニティに参加している皆さんお一人お一人の力を借りる場面も増えてくるでしょう。通貨を購入し、上がれ上がれと祈るだけでなく、どうすれば価値が上がるのか、どうすれば社会に認知されるのか、人任せではなく自分でも考えてみたいと思います。

取り急ぎ、月末のサプライズが楽しみに待っています。バイナンス上場はないでしょうがどんなネタが飛び出してくるのか要注目です!

私自身はこの記事を持って買い煽るわけでも売り煽るわけでもありません。しかし皆さんにご理解いただきたいのは、投資の世界で「下がる」とチャットや掲示板で言う人は「下がって欲しい人」「もともと持っていない人」です。「上がる」という人は「上がって欲しい人」「すでに持っている人」です。投資は完全に自己責任!人の意見に惑わされず、自分の意志で投資を行うようにしましょう。